FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリア原発廃止!
ドキドキだった国民投票。
昨日が開票日で、廃止が決定!

そりゃそうでしょ。
よかったよ、廃止で。

チェルノブイリの時にはロシアだったから、技術的には他のヨーロッパ諸国も「自国は大丈夫」という自負があったようだけど、テクノロジー最先端の日本でこれが起こったもんだから、今回は世界中がびっくりしたんだと思う。
優しいイタリア人は、今回の事故についても
「もともとは大地震が起きたからで、その地震の大津波が原子炉に不具合を起こしたんだから不運だった。」
というけど、そんなの言い訳に過ぎないね。
自分の作った爆弾が当たったのと同じ、自業自得です。
「ちょっと危険があるかもしれない。」
と言っていたならともかく、
「絶対安全だ!」
と言ってきたんだから、どんな不測の事態が起きようとも「絶対安全」でなくちゃ。
それでも、科学者は管理の仕方を変えればよいと言うかも。
でも、国民への約束を守れなかったんだから、廃止は当然。
人間の力で制御できないものは扱わないに限る。

初めから「核」なんて使わなければ、心配の必要だってないんだから、それが唯一の「絶対安全」な方法じゃないのかな。
「絶対安全」なんて「核」を使う限り、あり得ない。
「絶対安全」=「廃止」
です。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
  確か20年くらい前までは原発は最も発電コストが高いといわれていたのに、いつの間にか最も安いといわれるようになりました。現在発表されている原発の発電コストには地元への交付金、放射性廃棄物処理のコストは入っていません。これには税金が使われているため表に出てきませんので大口の電力消費者が得をします。これらを入れて計算すると水力や火力の10倍くらいの発電コストになります。このことを今まで科学技術庁や保安院は隠してきました。今回の事故の補償でもっともっと高い発電コストになりました。
  さらに原発はクリーンエネルギーと言われていますが、老朽原発のクールダウン、解体などにかかるCO2発生量を入れると決してCO2の発生量は少なくない。ツケを未来に負わせる非常にダーティな電気と言わざるを得ないと思います。まさに悪魔に命を売って糧を得ているように感じます。
  日本でも反原発の意見が多くなっていますがこういうとき必ず推進派という人たちが暗躍します。過去にも原発の事故後、その安全性をアピールするために中電では女子社員2000人を1週間の浜岡原発研修をさせるという発表をしたことがあり、これは家族からの猛反発でボツになったようですが、同じように原発事故があると推進派はさらに原発を推進するという決起集会を必ずしてきました。その結果が今回の福島原発の事故の背景にあると思っています。
  現在静岡のお茶にまで放射性セシウム被害がひろがっています。放射性物質は雲のように飛んでいきあちらこちらにホットスポットを作ります。
  
  悪魔が来りて笛を吹く。

脱原発ができると本当にいいなあと思います。

残念です
東京電力の株主総会で原発撤廃が否決されたなんて本当に残念です。
よく聞けば過去20年間撤廃案が持ち上がってるって言うから恐ろしい。
ゆう子ちゃんの言うとおり初めから無ければ原発事故なんて言葉すらなかったのにねぇ…
Re: No title
水はもちろん、作物への被害も深刻ですね。
イタリアではスーパーに卸すために中国人が工場で作っている「おすし」がありますが、消費者の不安を取り除くために「原材料は日本産ではありません」なんていう表示が貼り付けられるようになりました。
日本の安全神話はもう崩れてしまったのです。
残念です。
Re: 残念です
> 東京電力の株主総会で原発撤廃が否決されたなんて本当に残念です。

へぇ、そうなんだ。
こんな大惨事になっても賛成する人って、原発で稼いでいるごく一部の人なんじゃないかな?
プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。