FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年夏、ロマンティック街道の旅(6日目:Würzburg(ヴュルツブルク))
ロマンティック街道もいよいよ最終地、Würzburgに着きました。
ここではResidenz(レズィデンツ)と呼ばれる大司教たちの暮らしていた宮殿内部の見学と庭の散策、街並みをゆっくりと見て回るのが目的です。Residenzは世界遺産に登録されています。

早速、Residenz前の駐車場に車を止めて入り口を探しますが、よく分からず、大きな鉄門に導かれながら建物沿いを進んでいくと、先に庭園へ出てしまいました。
266giardino
↓Residenzの右側面から撮った写真。横でこれだけの幅なので、いかに広いかがお分かりいただけるでしょう。
270residenz
この日も朝から快晴で、整然と植えられた庭の花々もますます輝いて見えます。
283fiore 284fiore 285fiore 288fiore
おかげで、写真もきれいに撮れました。(クリックで拡大)

264castello
↑庭園から見えるヴュルツブルクのお城。

庭を散策しながら、建物の入り口を探して、とうとうぐるっと一周してしまいました。やはり入り口は正面だろうということで、正面に戻ってきて、初めから気になっていた小さな木の扉(「えっ、これが?」という感じ)を開けてみるとそれが入り口でした。確かに、出入りしている人たちが少数いましたが、閉まっている扉の前には何の看板もなく、結構分かりづらいのです。私たちは大学の入り口だと思っていたので入らなかったのでした。

さて、チケットを購入し内部を見学しますが、残念ながら、撮影は禁止。
ここでの見学は、簡単に説明すると、1階大ホールの天井画、2階へ続く大階段の壁画と一枚の大天井画(世界最大のフレスコ画)、2階の各部屋(自由に公開されているところとガイド付でないと観られない部屋がある)です。全てが圧巻ですが、このガイド付でないと観られない部分にある部屋というのも見ごたえがあります。
どの部屋も素晴らしいのですが、特に壁も天井も鏡張りの寝室は豪華絢爛で個性的だったので、印象に残りました。

Residenzを満喫したら、お昼近くになったので街の中へ。
290citta
これまでの町とは異なり、とても大きな街なので、人もたくさん歩いています。さすがに建物も中世と近現代が混ざっていて、これまでに訪れたおとぎの国のような雰囲気はありません。
296citta
↑かわいいマーケットとバロック様式の建物。

さて、私たちは案内所でもらったカタログを頼りに今晩の宿を探しながら、街の中を1時間ほど歩き、旧市街地の外を車で1時間ほど廻りましたが、中心部のホテルはみな満室、郊外はお昼休みで管理人が留守ということで、結局、どこも見つからず、「どうしようか・・・。」と途方に暮れてしまいました。

ロマンティック街道の始発点 Füssenから最終地の Würzburgまでは約300kmの道程なので、言い換えれば、東京、豊橋間を6日で廻ったことになり、かなりゆっくりと見ることができたのがお分かりだと思います。

でも、目的を達成したからと言って、ここからそのままイタリアへ帰るステーファノではありません。
二人で話し合った末、「もともと観たかったのはResidenzで、街の中も見たことだし、ここでホテルを探すのは時間の無駄だね。いっそ、別の町へ行こうか。」と、Würzburgを後にすることを決めたのでした。

と言う訳で、これでロマンティック街道の旅は終わりましたが、日の暮れないうちにバッハの生まれた街Eisennachへ向かうことにしました。

続く・・・。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ソウル旅行
先週末、ソウル旅行に行ってきました。
李夫妻の里帰りに便乗して、歌の仲間で行きました。
楽しかったですよ。
旅行はいいですね。
Re: ソウル旅行
おかえりなさい。
歌の仲間となら、きっと楽しい旅だったでしょうね。
韓国なら近いし、地元の人が同行すればなお気軽に行けますね。
プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。