FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアの常識:バール、レストラン編
•Bar(バール)は日本でいうコーヒーショップ。
バールでは立ち飲みとテーブル席で飲み物の料金が変わる。立ち飲みのエスプレッソコーヒー1杯の値段は現在1ユーロ(120円)前後で、テーブルでは同じものが2ユーロ近くになる。これはボッタクリではない。ちなみにエスプレッソはエスプレッソ用の小さなカップに1cmくらい注がれたものに、スプーン1杯の砂糖を入れて飲むのが普通で、かなり濃い。日本の喫茶店のコーヒーの量を想像していると驚くが、濃いのでたくさん飲むものではない。朝や食後に飲む。薄いコーヒーが飲みたい場合は「Caffe lungo(カッフェ ルンゴ)」を、カフェインなしのコーヒーなら「Decaffeinato(デカッフェイナート)」を注文しよう。コーヒーと一緒に、ちょっと甘い物も食べたいという人はBarではなく、Pasticceria(パスティッチェリーア=ケーキ屋)の喫茶もお勧め。

•Barでは訊かないとメニューをくれない。  
基本的にどこのバールでも似た様な飲み物を置いているので、お客も何があるかを知っているし、注文するものもたいてい決まっているため、イタリア人はメニューを見る必要がない。アルコール以外の大体のものをここに列挙すると、
   コーヒー系の飲み物:Espresso(エスプレッソ)、Macchiato(マッキアート=泡立てミルク入り)、Cappuccio(カップッチョ=泡立てミルクが多めに入ったコーヒー)、Latte macchiato(ラッテ マッキアート=コーヒー牛乳)
   缶ジュース系:Coca(コーカ=コーラ)、Fanta(ファンタ=ほぼファンタオレンジ)、Sprite(スプライト)
   フルーツジュース系:Spremuta(スプレムータ=生絞りジュースでオレンジかグレープフルーツ)、Succo di frutta(スッコ ディ フルッタ=瓶入りフルーツジュースでオレンジ、ぶどう、フルーツミックス)
   その他:Acqua(アックア=ミネラルウォーター)、Latte(ラッテ=ミルク)、Té(テ=紅茶:ホットはティーバッグで、アイスティーは缶入りでレモンかピーチ味)
   夕方6時ごろ以降に頼むとおつまみが付いてくる飲み物:Schwepps(シュウェップス=トニックウォーター)、Crodino(クロディーノ=なんだかよく分からない苦めのオレンジ色炭酸水)、San Bitter(サン ビッテル=なんだかよくわからない苦めの赤色炭酸水)
  
という具合で、イタリア全土、たいてい同じメニュー。テーブル席には予めメニューが置いてあることも多い。

•庶民のレストランではチップは要らない。
日本のガイドブックでは未だにチップを渡すと書いてあることがあるが、これは昔の話で、今の普通のイタリア人はチップを渡さない。基本的にはレシートに記載された請求料金だけ払えばよい(もちろん、高級レストランなどでの食事の時は例外)。メニューに表示されている料金は税込み。これ以外に取られるとすればCoperto(コペルト)と呼ばれる席料で、これに含まれるのがパンやグリッスィーニ。通常は頼まなくても持ってくるし、食べても食べなくても料金は同じ。コペルトの金額は一人ずつ課せられ、これもメニューの隅に書かれているのが合法。念のため、合計金額は注文する前に予め簡単に足し算しておき、ボーイによるボッタクリに供えよう!特にヴェネーツィアでは注意!食事に限ったことではないが、疑問があったら、払う前に質問してみよう。「あ、ごめん。間違えた。」ということもある。ほんとか演技かは定かではない。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

イタリア旅行に役立ちそうです!
コーヒー立ち飲みが1ユーロ、テーブルが2ユーロですか。なるほど。
こういうちょっとした情報というのが、旅行に行ったときに役に立つかもしれません。
ありがとうございます。
Re: Re: イタリア旅行に役立ちそうです!
テーブルでの飲み物の料金は地域やお店によっても異なるので、必ず1ユーロが倍になるというわけではありません。ミラノのガッレリーアにある高級なBarでコーヒーを飲めば5ユーロくらいするかも知れません。もっとするかなぁ?私はまだ飲んだことがないですけどね。ジェラートは11ユーロだった気がする。
この記事については「立ち飲みとテーブルで料金が変わりますよ」ということだけ知っていれば、支払いの時にびっくりすることもないかなという程度の情報ですが(あくまでも日本人の視点で書いていますので)、旅のお役に立てば幸いです。
プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。