FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然のミニヴァカンス
4月30日の夜9時、義理の父母の古くからの友人からの電話。
「今、Loreto(彼らのヴァカンス用の家があるアドリア海近郊の町)へ行く途中なんだけど、よかったら明日からおいでよ。」
突然の招待で困惑気味の私(4月中に仕上げる予定だった楽譜がまだできてない・・・)。
旅好きのステは「パソコンもプリンターも電子ピアノも持っていけば問題ないよね。」と煮え切らない私を説得し、結局、22時からスーツケースを引っ張り出しての旅の支度。
「ヴァカンスに行くのに仕事具を持っていくの???」と思いながらも、
旅の支度と引越しが大嫌いな私はステに言われるままに動き、なんとか1時間で荷造りを終えました。(結局、プリンターと電子ピアノは置いていくことに。)

5月1日朝8時、ステと義母と3人で(義父は仕事のため留守番)Paviaを出発し、途中、お昼前にサン マリーノ共和国に到着。
Paviaからは400km強ぐらい南東にあるイタリアの中にあるイタリアではないこの国。標高約700mにあるこの国のお城と街を見学散歩して、ようやく夕方に友人の待つLoretoへ向かいました。

月曜から仕事のステと友人(ご主人)は共に一旦帰宅し、次の週末に、今度は義父も一緒に迎えに来るという手はずです。という訳で、ヴァカンスの家には女3人が残り、近隣の小さな村々や海沿いの町の散歩などをゆっくり楽しみました。
友人宅の居間
友人宅の居間兼食卓、夕食前。大きなバルコニーからは遠くに海を望めます。朝食はバルコニーで。

イタリアでは昔から地中海側のリグーリアと呼ばれるフランスまで続く海岸線が有名でしたが、近年は宿泊費や物価の異常な高騰と歩けないほどの人だかりを見せる浜辺に嫌気をさした人たちが、アドリア海側へと移動してきています。
私も数年前にリグーリアで夏を過ごしましたが、シーズンオフとは言え、アドリア海の方が落ち着いていて、人も温かく、過ごしやすいと感じました。
DSC01259adriatico.jpg
写真ではいまいちですが、雲ひとつない青空。

5月10日に家族揃って帰宅しました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。