FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の緊張。。。イタリアのコンクール
ブログの更新、ご無沙汰ですみません。

実は今朝(イタリアは13日)、久しぶりに国際コンクールの一次予選を受けに、ミラノへ行ってきました。
最後に受けたのはもう6年も前のウィーンのコンクールで、今回はあの独特な雰囲気(=お客さんのいない)に呑まれ不覚にも緊張。
自分でもうまくいかなかったことを認める結果となりました。(実際の発表は19日だけど、すでに見る意味もない)
仕方ない。いつも上手く行くとは限らないのがこの世界だし、それがまた面白いところでもあり。

ともかく私くらいの年になると悲しいことに「若手」と名の付く年齢制限のある国際コンクールへはほぼ出られず、年齢制限なしのコンクールしか受けられない。つまり、選べない。
今回、私の受けたこのコンクールは「年齢制限はないけれど若い歌手」のためというなんだかよく分からない名目だったので、「年齢は行ってるけど、若く見える歌手」ならいいのか?と、ちょっと図々しく勝手に解釈して申し込みました。
でも、行ってみたら、見た目では40近そうな人もいっぱいいて「なーーーんだ。みんな同じこと考えたか?」という感じ。・・・実際の年齢は私より若いのかも知れないけど・・・ヨーロッパ人の年齢はいまだによく分からない私。。。

このコンクール、私が受けてみようと思った動機は2つで、一つは「この時期はあまりコンサートがないので、自分の緊張を保つため」、もう一つはこの不景気の中、「一次予選を通るとカプリ島でセミファイナルとファイナルが行われ、その間の滞在費は全て主催者持ち」というびっくりな企画だったから。
お金は主催者持ちな分、一次予選の枠はかなり狭くて、予選はナポリ、ミラノ、マドリッドの3都市で行われ、通る人は130人の内の10人から15人。一気に落とされます。この10~15人の中にコネ付きの人がいれば、私のようなコネなし参加者にとってはますます狭き門。(これは先生に言われてた)

それでも私はちゃーんと申し込んで、この二ヶ月、先生と自由曲5曲を準備してきたのだけど、このひと月は少々体調不良で思うように食事が取れず、体力もなくなり、結局、途中で「まあ、参加できればいいか。」となってしまいました。昨日まで、声の調子はそこそこ良かったんだけど。


さて、ミラノ。

予選はドゥオーモ近くにあるちいさなサロンで行われました。
いつもの如く、イタリアのコンクール(コンクールに限らずだけど)は運営力がいまいち。
遅刻しても受け付けてくれたり、用事があるので早く歌いたいなどは事前に知らせれば融通を利かせてくれたりして、そういう点では大らかなんだけど・・・。←コレ、厳しい日本じゃ、あり得ない!
その分、時間に無駄が多いし、待っているスペースは狭いし、という風でみんな不遇な状態でかなり待たされた。
特に、韓国人の女の子が連れてきた同国のピアニストからは、朝から「生にんにく」でも食べてきたのか、強烈なにおいが放たれ、狭い待合室はその臭いで充満していて、とても長時間いられる状態ではなく、私は時折冷たい風の吹く踊り場で3時間も待っていることになった。

他にも「9時30分までに受付に集合」とあったので、遅刻しそうだった私は、日本さながら、途中走ったりして息を切らして9時32分に到着したけれど、一時間も後に到着して、優雅に受付をすましている人たちが何人もいて、自分だけが体力を無駄に消耗してしまったことに気付き後悔。体力ない上に走ったおかげで、全身の筋肉がしばらく震えてたけど、まあ間に合って良かったかと思い直すことに。次は遅刻しても優雅に振舞おう!

ステーファノには「イタリアなんて、そんなもんだよ。でも、定時に到着するのが本来だけどね。」と言われ、なんだか正直者が馬鹿を見る国だと思いました。でも、今はここに住んでるんだから、自分が合わせるしかないね。
イタリアは時間に大らかでも、ともかく、次はもっと余裕を持って出よう!コレは素直に反省。。。
(一応、余裕を持って出たんだけど、ステーファノが「こっちの方が早いかも!」と選んだ道がますます遅くて、裏目に出たため。でも一生懸命だったから、責められない。。。家の近所で15分もロスタイムなんて二人とも想定外。)

こんな風に慌てた代償を歌で払うことになるという自業自得なところも否めないけれど、開始から3時間待って、軽い発声もなく、ようやく歌うことになった13時45分。お腹が空き過ぎて腹筋がうまく保てない(もちろん、食べすぎも致命的だけど)。だから、高音のピアニッシモが練習時のようにはうまく響かない。怪物みたいな巨大な女性歌手たちが叫ぶ中、これが私の売りだったのに、不甲斐ない結果でまったく残念。。。

でも、今回で、どんなコンディションでも乗り越えられる強靭な体と精神力がまだまだ足りないと分かりました。
オペラ歌手って、みんなほんとにたくましいから。。。コンクールだと、言葉だけでなく、時には見た目だけでも威圧してくるし。
私なんか、ステーファノに「Fiammiferina=ちっちゃいマッチ棒」と呼ばれてるくらい細いから、ボーとしてたら、後ろから踏み潰されちゃいそう。まあ、小さくてもできることをするしかないけど。


それでも、今日までの練習は充実していたし、これを機に、いくつか受けてみようかなとも考え始めているところ。
もちろん、「年齢制限のないコンクール」。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
最近やっとゴルフも復帰し、リー先生のレッスンもなんとかたじろがず続けています。彼はやはりすごい声量で最近はカヴァーリングについて説明を受けていますが日本語の説明がややわかりにくいこともあり、私はまだ理解していません。ベルカントもファルセットから実声にもっていくものかなと思っていましたが、どうもちがうらしいことだけわかりました。高音はソまでナチュラルで出るところまで回復し、スタミナもだいぶ回復しました。(体重は8K減のままですが) 今年こそイタリア旅行をと考えていますが、あまり早く発表して去年みたいなことになるとマズイのでしばらく伏せておきます。ユーコ先生もお元気そうでなによりです。
Re: No title
こんばんは!
ゴルフもできるようになったとは完全復活にですね。この調子で旅行へも行けるといいですね。最近は噴煙の影響もあるので、飛行機も飛ぶと良いですが。決まったら是非、お知らせください!

カヴァーリング?何のことでしょうか。

ファルセットはバロックの作品を歌うにしても、ベルカントの作品を歌うにしても、「正式には使えないもの」だと考えていいと思います。ファルセットでは、たとえ音程は取れたとしても、色艶のない味気ない声なので、確実に表現力に欠けます。もちろん強弱など、声量もコントロールできませんし、こちらの評論家に言わせるところの「偽物」で、私も同じ意見です。

さて、バリトンでソまで使えれば、音域としてはいう事ありませんね。これからは発音、音色、強弱などに注意を払って勉強を続けて下さい。特に、フォルテは誰でも簡単に出ますが、PPになっても(ファルセットを使わず)音色が変わらないようにするのはとても難しいことです。それから、発音もとても大切です。正しい発音が正しい発声を導くと考えて良いと思います。これらができると表現力が上がりますよ。リー先生と頑張ってください。
「若手」と名の付く年齢制限
イタリア風アバウトの中なら、
ゆう子さんの外見からすれば、すべてOKじゃないですか?
少年少女は無理かもしれないけれど・・・。

>リー先生のレッスン
ひょっとして同門生?
Re: 「若手」と名の付く年齢制限
毎回、コメントありがとうございます。
女性だと、歳を訊かれるのが嫌だという人も多いのですが、私は時々「何歳?」と訊かれても、自分が何歳だったかステーファノに確認することがあるくらい年齢についてのこだわりがないので、いざ、公式な書類を書く時には間違えないように西暦からちゃんと引き算しています。
ちなみに西暦は通し番号なので特に迷うことはないのですが、たまに日本に帰ると、元号を使って書く書類がほとんどで、今が平成何年なのか分からず困ることもありますよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: このコンクールの名前を教えていただけないでしょうか
気にはしていたのですが、お返事、遅くなりました。ごめんなさい。
コンクールの名前はCapri Opera Competitionです。
ホームページはhttp://www.caprioperafestival.itです。確認のため訪れてみましたが、準備中でした。同業の方ですか?頑張ってくださいね!
プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。