FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「イタリアで納豆を作る」の巻
「そんなに納豆が好きなら(納豆好きは私じゃなくてステーファノ)、イタリアで自分で作ってみてよ!」と日本の友だち夫婦からもらった「大豆2kgと納豆菌」。
暖房器具の力を借りなければできないので、冬が来るのを待っていました。

1月3日。ステーファノが「暇・・・。」と言うので、「じゃ、納豆でも作ってみる?」と提案。
すぐに準備に取り掛かりました。まず、大豆500gを仕分け(いい豆と傷豆など)した後、水に一晩寝かせて膨らませます。
ここまでは簡単!

翌朝からが本当にたいへん。
予め説明書を読んでおいたので手際はそこそこよかったのですが、、、、なにせ全ての手順がいちいち面倒くさい!

納豆菌はいわゆる「菌」なので、まず、使用する全ての器具を煮沸消毒しなくちゃいけないのです。
例えば、納豆が乾かないように布巾を被せるのですが、煮沸した布巾はどう絞るのか???という細かい疑問が山盛り湧いてきたのです。

すぐだと、熱湯なので手は使えません。
トングなどの道具を使って両端をねじって絞るくらいしか思いつかないのですが、その時に使用する道具も先に煮沸消毒しておかないといけないのでは???ってことで、トングの消毒をすることに。
でも、やっぱりトングじゃうまく絞れないんですよね、これが。

じゃあ、冷めるまで待って素手で絞るとしたら、先に手を洗います。
が、手を拭くお手拭も煮沸消毒しておかなくちゃいけないのか???とか、、、。

他にもこの種の疑問はいっぱい。

おじいちゃんが納豆工場を持っているという人から聞いた話では「実際、納豆菌自体はかなり強力な菌なので、売り物じゃないなら、これほど細かいところまで気にしなくても(多少の雑菌くらいなら)なんとかできる」そうですが。

私はせっかくやるんだから失敗しないようにと、あれこれ考えてかなり疲れました。

茹で時間も8時間くらいかかったと思います。

次に納豆を発酵させる段階でこたつなどの暖房器具を利用すると書いてあったのですが、
イタリアにはそんなものはありません。

いろいろ考えた挙句、室内用の洗濯物干しの上に、容器に入れた納豆を置き、その上から大きなシーツを被せ、下に加湿器を入れて湿度と40℃を保つことに。これもかなり大変!
なぜなら、乾燥したり温度が高すぎると発酵が上手くいかないので、発酵の20時間の間、加湿器をつけたり止めたり。。。もちろん、夜中もです。

実はこれ、他に適当な場所がなかったから、小さな寝室兼書斎でやりました。
つまり、発酵過程の納豆と一緒に寝たと言うことです。
室内はサウナのように暑くなって、私たちにとってはかなり寝苦しい夜でした。

におい?
混ぜるときに出るあの強烈な臭さは不思議とありませんでしたが、濡れた藁のような臭いは終始していました。

20時間後、ステーファノが楽しみに覗いてみると・・・、
「白くなっとるよ(←相変わらず三河弁なのは私のせいです)。」

↓苦労して作った自家製納豆、こんな感じ。
nattou

説明書通りに500gの大豆を使ったら、出来上がりは膨大な量になってしまった。
このガラスの容器はノートブックパソコンくらいの大きさで、これが全部で3ケースです。
「納豆は二層以上にすると発酵が上手くいかないので、なるべく上下で二粒になるようにならすこと」とあったので、余計に容器が増えるのですが、それにしても二人で食べるには多かった。市販のものの30箱以上はできたと思う。
ステーファノは大好きな納豆をこんなにたくさん作って満足気。
さっそく、夕食に私の作ったタレで食べてみると、「糸の引き具合も弱いし、豆がちょっと堅いけど、ちゃんと納豆の味。」ってことで、苦労もしたし、まあ、合格点。


最近になって、「大豆あまっとるし、もう一回作りたい!」とまた言い始めたので、私もまた巻き込まれそう。。。
楽しかったけど、全工程で丸三日かかってます。
暇じゃないとできない「イタリアでの納豆作り」でした。

Oさん夫妻!約束通り、ちゃんと作ったよ。面白お土産ありがとう!
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

自家製納豆
自家製納豆をつくってしまうなんて、すごい!
でも、食べたいと思ったとき、すぐに食べられるありがたさ、しあわせをひしひしと感じています。
本当に大変なんですね。
Re: 自家製納豆
> 自家製納豆をつくってしまうなんて、すごい!
> でも、食べたいと思ったとき、すぐに食べられるありがたさ、しあわせをひしひしと感じています。
色付きの文字
納豆って、日本では3パック100円くらいの安値で売っていますけど、自分で作るとなるとこんな値段ではやってられませんよ!ありがたみを感じています。ちなみにミラノで日本からの直輸入納豆を買うと、なんと同じ3パックが約450円です。まあ、これでも安いのかもしれませんが・・・。

> 本当に大変なんですね。
本当に大変なんです。経験としては面白かったですが。
プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。