FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事に着きました(第4話:イタリア・マルペンサ空港に着いたら)
イタリアからフィンランドへ行く小型機に3時間揺られ、すでに参っていた状態で日本行きの飛行機に乗ったことで、持参していたビニール袋の手提げ部分を耳に掛けながら着陸するという嘔吐ギリギリの経験をしたため、イタリアへの帰国の時には必ず酔い止めを飲もうと決めていた二人。セントレアでジャンボに乗り込んだら、すぐに水なしで飲める(←便利です)錠剤を飲んで、準備万端!おかげで、こんな長旅も食べているとき以外はほぼ寝て過ごし、快適でした。
「酔い止め、効いたねぇ。」なんて話しながら、マルペンサ空港に到着。

荷物の出てくるベルトコンベアーの横で待つこと10分。続々と出てくる荷物。ステーファノのスーツケース回収。「意外と早いね。」というのも、つかの間。
30分経過。45分経過。待てど暮らせど、もう一つが出てこない。その内、同じ荷物が何度も回っていることに気付き始める乗客。まだまだたくさんの人たちが待っている最中、掲示板には堂々と「ヘルシンキからの便の荷降ろしは終了しました」の文字。「えー!」どよめく場内。
私たちも足りないスーツケースを申告に行こうと、ステーファノ一人、紛失届けの窓口へ向かうとなんと50mくらいの長蛇の列、一体どれだけ待てばいいのかと途方にくれる。

その間、ベンチで待っていた私の前で、マルペンサの係員が一人、そそくさと、永遠に回り続ける引き取り手のない荷物を3台のカートに載せている。あっと言う間にざっと30個のスーツケースを回収し、待つ人たちの前を通りながら、「フィレンツェに行く予定だった荷物がこっちに来ちゃったんだよね。」と苦笑い。この人のせいじゃないから仕方ない。
それから10分ほど待って、ステーファノが紙ニ枚を手に私のところへ戻ってきました。
「荷物がマルペンサに着き次第、自宅に一度電話をくれて、自宅には空港到着の翌日に配達だって。」「こんなにたくさん失くなるなんて、ヘルシンキの積み込みの時に何かあったんだね。」
渡された紙に目を通すと、1日の遅滞に付き70ユーロまで必要物資の購入のための保障をしてくれ、保障を受けるには購入したもののレシートを添付すればよいとのこと。
私たちは帰宅するだけだったし、靴4足以外には特に高級な物もなかったので、そもそもこの保障を受けるつもりもなかったのだけれど、「こういうシステムなんだね。」と新たな経験に関心を示す。でも、実際に丸ごとなくなるとなると、いくら現金で(仮に20万円)保障してくれたとしても(いくら小さく安い物でもやはり愛着があって買ったことを思うと)、結構、面倒で残念な気がして、早く戻ってくることを願いながら空港を後にしたのでした。

翌日、こちらが期待していた電話の連絡はないし、二日目も夕方まで何の連絡もなく、「明日も来ないね」とあきらめながら遅い夕食を摂っていたところ、20時過ぎに「ピーンポーン」と突然届いたのでした。
「連絡をくれると言っていたのにね。」と突然の到着と意外に早い解決に驚きながらも、中身が全部揃って届いたことをまず喜びました。
その日の夜のニュースで、同じく大量に紛失した荷物の中にローマ市長の荷物もあり、今後の再発防止に調査するよう求めたと知り、「だから早く解決したんだ。」と納得。社会的地位の高い人が巻き込まれると、問題はいち早く解決するということがよく分かる出来事でした。
しかし、何度も飛行機に乗っているけれど、一度にこれほどいろんなことがあったのは初めてで、よい勉強になりました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。