FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかよしの木
4月25日、術後初めての日帰り旅行はスイスの湖畔の町、Brissago(ブリッサーゴ)とAscona(アスコーナ)でした。
まずはブリッサーゴの湖に浮かぶ小さな島を訪れるのがこの度の第一の目的です。5分ほど連絡船に乗ると島に到着。すぐに入場料金の支払いをします。
なんと、この島、全体が植物園なのです。季節は春。つつじやさつきのような花が満開で、世界の木々や花々が島いっぱいに植えられ、一角にはアジアコーナーとして椿や竹林もありました。たけのこが採れそうでしたが(私が採るわけにもいかず)、ただ見て楽しみました。私にはどこか懐かしい景色でした。
Brissago
島内で聴こえた不思議な鳴き声に導かれ出口付近へ行くと、孔雀が優雅に歩いてました。
Pavone
なんとあざやかで美しい色。人に慣れている様子で、とても近くから写真を撮らせてくれました。他にも白鳥がたまごを温めていたり、なんとも穏やかな島です。レストランもあり、ゆっくりと昼食を取りたかったのですが、連絡船の時間が折り合わず、結局、近くの町アスコーナへ早めに出掛けることにしました。
アスコーナはジャズフェスティバルで有名な湖畔の町です。
が、私たちの今回の旅の第二の目的は「Grotto(グロット)での夕食」!
グロットはスイス特有の居酒屋を指しますが、何を食べられるのかはその日の仕入れによります。
「メニューは厨房に聞いてくれ!」というわけで、お客さんは何も選べません。出された物を食べるだけです。
ワインは店に足を踏み入れた瞬間に持ってきてくれます。それからサラダ、サラミ数種、パスタ、肉料理、チーズ、ドルチェと続きます。お腹いっぱいです。支払いは、飲み物を除いて、食べても食べなくても人の数で決まります。今回は日本円で1500円くらいでした。安いですね。大騒ぎしても怒られない、こんな丼勘定のグロットを私はとても楽しく体験しました。
そのアスコーナの湖畔で見た、とっても不思議な木。
なかよしの木
写真ではよく分からないかも知れませんが、実は二本の隣同士の木の枝が、まるで手を繋いでいるかのようにつながっているんです。「温かな晴れの日も雪の寒い日もずっと一緒にいようね」と約束しているように見えたこの木を、私は「なかよしの木」と名づけました。
その「なかよしの木」の下のベンチにはなかよく座っている二人がいました。
平和で穏やかな一日に心癒されました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。