FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアの歯医者さん
イタリア人は老若男女、細い人、太い人、街の人、田舎の人に関わらず、美に対する関心が高い。
髪型や着こなしはもちろん、きれいな歯並びは欠かせない美の要素。イタリアでは歯並びが悪いのは「非常に印象が悪い」とされ、日本では愛くるしい八重歯もイタリアでは敬遠されます(イタリアでキャリアを積みたい人は歯並びに気をつけよう!が私からの助言です)。とにかく真っ直ぐ並んだ白い歯にするべく、子どもの頃から親が気をつけ、10代のうちにほぼ矯正します。大人になってからは、100万円単位の高額治療にもかかわらず、インプラントをする人もとても多いです。ちなみに、イタリア人の中でも特に「歯マニア」だと思われるステーファノは私を選んだ理由の一つに「歯並び」を挙げています。歯並びが良くてよかったわー。

さて、私。先週、歯医者へ行って来ました。
数週間前に20年以上前の虫歯の治療で詰めた銀が取れてしまったのですが、「日本に帰るまで我慢か、イタリアで歯医者に行くか」としばらく決めかねていました。なんで、悩んでいたかというと、イタリアでは公共医療機関の歯医者さんはタダだけど待ち時間も数ヶ月で、しかも「新米のヤブなので絶対に行かない方がいい」とみんなが言い、プライベートの歯医者さんに行くと一回の治療で100ユーロ(時価1万円)以上はかかると聞いていたから。家族がかかっている歯医者さんはフェッラーリを持っていると聞き、なんだかぼったくられそうな気がして気が引けていた。
一本の歯を詰めて1万円はたっかいでしょー?そんなにするなら、日本で保険なしで治療してもらってもおつりが来るはずと思ってた訳です。
でも、幸運なことに友だちのお兄さんが歯科医で、「大雪が降ってキャンセルが出たから、今日の午後すぐに見てあげるよ」と言ってくれ、この機会を逃すといつになるか分からないし、待ってる内に虫歯にでもなったら嫌だと、どか雪の中、運転して出掛けることに。特に虫歯になってなかったし、少し削ったものの治療は20分で終わり、税務申告なしのお友だち価格で治療してくれたので、とっても安く上がり助かった。
イタリア!やはり持つべきものは「コネ」だわ。
埋めるのに使っていた銀と大昔に被せた銀歯については「あなたみたいなかわいいお嬢さんがどうして銀なんか・・・(白いので詰めた方が自然できれいなのに)」と、見た目も大切にするイタリア人の歯医者さんらしい発言。子どもの時の治療で、奥歯でそんなに見えないし、今頃やり直す気もないから仕方なくそのままだけど、当時の治療はみんな銀でやってたのかなぁ?疑問。

そんな治療中に、ペンのような物を持たされた。時々、歯に当ててはまた私の手に戻し、と言うのを繰り返していたので、私は自分の手に持っている間「これは何だろうな」と眺めていた。後で質問したら、詰めたものをくっつける糊みたいなもんだよと教えてくれたけど、患者が歯科助手みたいに医療機器を持たされるって、日本じゃあり得ないよなと面白かった。別に持ってる分だからなんてことはないけどね。(イタリアの美容院も似た話があるから、またブログネタにしよう)
かくして、穴が開いてた歯もきれいに埋まり、これで気持ちもすっきり。次は10年以上も患っている顎関節症の治療をしようかなと歯医者さんに相談したのでした。
スポンサーサイト
プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。