FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアの常識
•おつりは足し算で計算
結構難しい引き算でも、暗算でスラッと答えが出せるのが日本人ですが、イタリア人は引き算が苦手。お店でおつりをもらう時は支払い合計に足し算をして、預かり金にたどり着く。例えば、みなさんの買い物合計が5ユーロ30セントで、20ユーロ札を出したとすると、おつりは14ユーロ70セントですね。これをイタリア人はどうするかというと、まず70セントをくれます。次に4ユーロ、そして最後に10ユーロ札です。計算式にすると、
5ユーロ30セント+70セント=6ユーロ
→6ユーロ+4ユーロ=10ユーロ
→10ユーロ+10ユーロ=20ユーロ
という具合です。
これが、引き算に慣れている私たちには結構わずらわしい方法なのです。特に、テーブル支払いの時などは引き算を間違えたりするので、よーく確認してください。

•クッキーは柔らかくして食べる
せっかくサクサクのクッキーなのに、カップッチーノや紅茶などに浸してからかじります。私はくにゃくにゃのクッキーは嫌なので普通に食べますが。。。ちなみに、義母の発明した朝食はもっとすごくて、温かいほうじ茶に砂糖とレモンを入れ、そこにカリカリのコーンフレークを入れ、時折、クッキーも浸して食べてます。彼女曰く、「他のものは消化できないんだけど、これは胃にもたれないから。」だそうです。コーンフレークはカリカリが売りなのに。。。

•お店は12時30分から15時頃まで閉まる
留学中、日本の感覚で外に出掛けると、買い物予定の店が閉まっていて困ったことが多々ありました。もちろん、ミラノやフィレンツェなどの観光地は朝から晩まで続けて営業していますが、地方の町ではお昼休憩でこの時間帯に店を閉めるのが普通です。休憩が長いから、義父もお昼ご飯を食べるために帰宅します。

•秋から冬は「霧の北イタリア」
誰が言った!イタリアは太陽の国だなんて。少なくとも私は留学するまでそう信じていた。これは専ら南イタリアや海沿いの町の話。北イタリアでは11月から2月頃まで、平地に濃霧が発生することが多く、曇天が続き、イメージとしてはロンドンです。あー、春が待ち遠しい!

•内容品が45ユーロ以上の小包を受け取ると関税を払わされる
前にも書きましたが、イタリアの郵便は遅い上に、関税や手数料を請求してくることがあります。まったくちゃっかりしています。日本郵政ではイタリアへの郵便はEMS(一番早く郵送料が高い)で5日と書いていますが、これはイタリアの空港に到着するまでの日数であって、小包が受取人に届くのはそれから1週間から2ヶ月かかるのが普通です。送り主が内容品の価値45ユーロ未満と申告してあれば、受取人に関税がかけられませんが、45ユーロ以上は玄関先で20%の関税と手数料を支払うことになります。
(45ユーロ未満と記載があるのに関税と手数料を払わされた場合は、郵便局を通して調査依頼を申請し、運がよければ約2年かけて返金されます)

•正しいものに×をつけなさい
こちらに来ていろんな書類を書いたり、アンケートなどに答える時、日本人だと「該当するものや正しいものには○をつける」という概念が頭を過ぎりますが、イタリアではたいてい「該当するものに×を打ってください」と書いてあります。
スポンサーサイト
プロフィール

ソプラノ歌手 ゆう子

Author:ソプラノ歌手 ゆう子
音楽活動やイタリアでの暮らし、各地への旅の思い出を綴ります。が、更新は時々ですので、みなさんも時々訪れてみてください。

ブログ初心者で「知らないうちにページが出来上がった」ようなスタートですので、不具合も多めに見てください。
尚、コメントは管理者の承認制を使用しているため、すぐには記載されません。ごめんなさい。

お知らせ:
・拍手後に公開でコメントを書いてくれた方へのお礼コメントは書いた記事に再度拍手していただくとご覧になれます。(非公開の方にはシステム上、こちらから返事が書けませんのでご了承ください)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。